FREENOTEの4人が見つけ出した自分たちをそのまま表現する歌とは!?

ツイート
 
new single
『Re:チャンネル』
2004年11月10日発売
TFCC-89117 \1,000(tax in)

01.Re:チャンネル
02.遥かへのスピードランナー
03.エアロプレイン
member





Toy's Factory公式サイト
http://www.toysfactory.co.jp/
freenote/


FREENOTE公式サイト
http://www.freenote.jp/

怖くて怖くて たくさんのものを身につけた
感じないフリをして
自分を守っていた いつも
「Re:チャンネル」

自己崩壊からの再生──フリーノートの言葉とサウンドの力強さの根底にあるのは、それじゃないだろうか。すべてを破壊されボロボロになった後に、それでもそこから這い上がろうとする者が吐き出す言葉と音、まさにフリーノートが(ときに弾けるようなポップ・チューンにコーティングして)吐き出し続けているものとは、決して、これまで彼らが打ち出してきた爽やかなヴィジュアル・イメージに象徴される世界観とは直結していないような気がしている。
それは、冒頭で歌詞を引用した「Re:チャンネル」で、よりはっきりと表現されることになる。マッシヴ・アタックやポーティスヘッドに代表されるブリストル系のダーク・ダウンテンポを彷彿とさせるメランコリーを帯びたバック・トラックに、ヴォーカリストの秦千香子の妖しい存在感を併せ持った言葉と声、それはかつてない切実さと力強さをもってリスナーの耳に突き刺さる。
しかも、バンドのメンバーは現在、!!!(チック・チック・チック)、ザ・ラプチャー、レディオ 4、LCDサウンドシステムといったディスコ・パンク系と呼ばれるダンスとロックの新しいミクスチャーにも興味を示しているという。そうした要素は、きっと今後の作品へもフィードバックされていくのであろうが、とにかく彼らがJポップ的なスタイルには落ち着くことなどなさそうだ。フリーノートはいま現在も、ものすごいスピードで進化を続けている。まだまだ発展途上ではあるが、今後10年を引っ張っていくだろう、非常に楽しみなバンドが登場してきた。
加藤直宏 (remix編集部)


▲樹海の中でメンバーたちが木に還っていく。Chikakoの歌声が響き渡るPV映像はコチラへ!

▲レコーディングでちょっと疲れ気味のメンバーからBARKSユーザーへメッセージ!

「震え」が襲ってくる。すべての不安や哀しみや絶望が海に流し込まれたかのような爽快さを憶えながら、なおも消えることのない不安や哀しみになぎ倒される。そんな震えが「Re:チャンネル」から襲ってくる。
音が震えるから、僕らの心も震える。それが音楽だ。わざわざスピーカーの中で羽を廻して音を揺らすのは何故だ? きれいな音をディストーションでわざわざ砂を噛むような音に変えるのは何故だ? もっともっと“音を震わせたい”からだ。音を震わせて心の震えを表現したいからだ。より衝動的かつショッキングにありたいという気持ちを、そのまま鳴らしてしまいたいからだ。それこそがソウル・ミュージックであり、音楽の存在価値だからだ。
ビョークの唄を聴くと、この世界を覆う残酷さに哀しみながら、闘う勇気が溢れんばかりに湧いて出て来るのは何故だろう? 椎名林檎や宇多田ヒカルが最初から多くの心を震わせる現象を生み出したのは何故だろう? すべては彼女達のとてつもない衝動や孤独のエネルギーが、生身で音を震わせたからだ。その震えがメロディーと音を誘い、素晴らしい音楽を描ききったからだ。
フリーノートの前作である「キライチューン」から、僕は何かを感じることができなかった。僕が鈍感だったのか、何らかのフィルターがかかっていたからなのか、よくわからない。そんなことはどうでもいい。何故ならば、ここにある「Re:チャンネル」を聴くと震えが止まらず、無限の力とイマジネーションが湧いてくるからだ。ジャンルもメンバーの背景にある音楽も関係ない。坂本龍一のインストの慄然とした旋律と神秘を一瞬感じたが、それもこのバラッドの骨格ではない。秦千香子の閉じた感性と闇が摩擦爆発を起こし、哀しみを超えた強さを唄にして叫ぶ―――その静かにも激しい感性の結晶が生まれたことが何よりエモ―ショナルだ。カップリングは岡村靖幸が書いた曲だ。岡村の音楽が伝えるもの、それは孤独を突き詰めて突き破った先にある「何故愛し合えないんだ?」という戸惑いと嘆きだ。フリーノートは、その世界をモノにし始めている。
「怖くて怖くて たくさんのものを身につけた/感じないフリをして 自分を守っていた いつも」。このセンテンスを震えながら唄い放つ地点から、フリーノートのデッサンは始まった。次の曲が聴きたくて聴きたくて、どうかなってしまいそうだ。あなたはどうだろう?
鹿野 淳(FACT)


▲FRENOTEのロゴ入りTシャツを9名様にプレゼント。応募はコチラから。締切りは11月30日まで。

●11/21(日)京都大学おまつり広場(吉田グラウンド野外特設ステージ)
[問]11月祭事務局 075-752-9078

●12/06(月)仙台 CLUB JUNK BOX
[問]GIP 022-222-9999
w/No Regret Life,ハックルベリーフィン,laica breeze,spotrain他

●12/09(木)Shibuya O-Crest
[問]SOGO 03-3405-9999
w/THE SWiSH

●12/17(金)OSAKA MUSE
[問]サウンドクリエーター 06-6357-4400
w/THE SWiSH

●12/18(土)名古屋E.L.L.
[問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
w/東京60WATTS,風味堂,PHONES,チビクロジャンボ他
この記事をツイート

この記事の関連情報