歌って踊って自分を表現!エンターテイナーSHY特集【インタヴュー「with me」編】

twitterツイート



――「with me」をはじめ収録曲3曲ともにSHYさんの作詞作曲ですが、それぞれどんなキッカケで作った曲ですか?

SHY:デビューして4枚のシングルと1stアルバムを出すなかで、いろんな自分を試して出してきたんですね。そのなかであらためて自分を突き詰めて、自分の得意なものを、自分が一番好きなものを作りたいって思ってこの曲を作り出したんです。それでできたのが「with me」であり、「スラッシュ」とカップリングの「SHYのアップシューズ」なんです。

――三種三様ですが、どれもダンサブルですね。

SHY:そうですね。今までのなかで一番ダンスを感じるものにしたんです。ダンスミュージックっていろいろあると思うんですけど、ジャンルよりも私は心が躍るものを作っていきたいなって感じて、そこを最終的に意識しましたね。詞では女心を歌いたいってのは常にあるんですけど、年齢を重ねてきて今見えてきたことを表現できたかな。と言っても相変わらずなところもあるんですけど(笑)、でも“情念”なところかな。

――なるほど。たしかに今回の「with me」は三角関係の歌だし、「スラッシュ」は破れた恋のことだし、どちらも“届かぬ想い”といったツライ系ですね。

SHY:そうですね、ハッピーじゃない人に思われるかもしれないですね(笑)。でも「with me」は“想いは届かないけど、負けません!”っていう内容なんです。ライバルにはゆずれませんって宣言しているような詞だし、これからまだまだっていう。で、「スラッシュ」はといえば……失恋して思いっきり負けてますね、私(笑)。

――(笑)。でもハッピーではないにしても、暗くはないですよね。

SHY:ですよね。歌詞はすべて実体験に基づいてはいるんですけど、以前はそれをドラマチックに膨らませたり、大げさにありえないくらいデフォルメしてたんですね。でも今回はもうそのままのストレート。そのほうが伝わるんじゃないかなって。そこでちゃんと自分を表現できてるから暗いままにはならないんだと思います。あと、今回、角度もテーマに書いてみたんです。「with me」は三角関係の△、「スラッシュ」は地上から夜空を見上げた角度だったり、その夜空から流れ星が流れ落ちる道筋が/(スラッシュ)に見えてそれをタイトルにしたし。「SHYのアップシューズ」も足が地上から浮いているような、三次元的な画をイメージしましたね。

――なるほど。これらの曲を様々な方がアレンジしていますね。

SHY:「with me」をアレンジしてくれたのはmo'doo-(モドゥー/竹田遊、岡野慎一の2人のプロデュース・チーム)なんですけど、スパニッシュギターとエレキギターとデジタルな音を、それぞれ女、女、男で表現したんですよ。

――音でも三角関係を表現したんですね! ユニークなアイデアですね。そして、ジャケットが目の醒めるような写真で。大胆ですが、いやらしくなくてカッコいいです。

SHY:今回、TYCOON GRAPHICS(タイクーン・グラフィックス/宮師雄一、鈴木直之によるデザイン・チーム)にお願いしたんですが、先に話したように「このシングル、角度にこだわったんです」って伝えたら、じゃあ、角度をつけたポーズで撮影しようと。で、20センチもあるヒールのSM用のブーツを履いていろんな姿勢を取ってね(笑)。もう筋肉痛でしたよ!


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報