ビースティ、シュガーヒル・ギャングに訴えられる

ツイート
ビースティー・ボーイズが無許可で曲をサンプリングしたとして、オールドスクール・ラップ・グループ、シュガーヒル・ギャングに訴えられているとAllHipHop.comが報じている。

問題となったのは、ビースティ・ボーイズが今年リリースしたアルバム『To The 5 Boroughs』に収録されている「Triple Trouble」で、この曲ではシュガーヒル・ギャングのヒット曲「Rapper's Delight」の曲の一部をサンプリングして使用している。シュガーヒル・ギャング側の弁護士がマンハッタンの連邦裁判所にて訴訟を起こし、ビースティ・ボーイズがロイヤリティ(サンプリング使用料)に関する交渉をすべきだったと主張。一方でビースティ・ボーイズ側の弁護士は曲を使用する際に正規の手続きを行なったとし、両者の主張は真っ向から対立している。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報