オアシスのリアム、暴行事件で700万円の罰金

twitterツイート
オアシスのリアム・ギャラガーが、2年前に起こした暴行事件で3万5,000ポンド(約700万円)の罰金を科せられた。リアムは'02年、ドイツをツアー中、滞在していたミュンヘンのホテル内にあるナイト・クラブで客とケンカになった。

ケンカの始まりは、オアシスのメンバー、および関係者が近くのテーブルに座っていた会社員たちにピーナッツを投げつけたことで始まったと言われている。XFMオンラインは、クラブのDJがオアシスの曲をプレイし、気を良くしたリアムがステージに上がり歌い始めたのを会社員のグループが野次ったのが発端だと伝えている。

この騒ぎを抑えるため、およそ10台のパトカーが出動。リアムは、警察官を蹴り上げ逮捕された。リアムとバンド関係者はその後、17万5,000ポンド(約3,500万円)の保釈金を支払い釈放されている。

週末、ドイツで開かれた審問で処罰を言い渡した検察は「高くつく夜になった」の述べてた。罰金の3万5,000ポンドは、1万2,000ポンドがナイト・クラブに、4,000ポンドが怪我をした警官に支払われ、残りはミュンヘンのチャリティ団体に寄付されるという。

ちなみにこの暴動で、前歯2本を折られたリアムだが、その治療には2万ポンド(約400万円)かかったとも言われている。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報