アリシア・キーズ、世界エイズ・デーに参加

ツイート
アリシア・キーズが12月1日に行なわれる世界エイズ・デーのキャンペーンに参加し、音楽業界に支援を呼びかけているとBillboard.comが報じている。

アシリア・キーズはビルボード誌12月4日号の中で「もし、2,500万人のアメリカ人(しかもそのほとんどが子供)が治療可能な病気なのにも関わらず、薬が高価であるという理由で亡くなった場合の、メディアのヒステリックな反応と世界的な怒りを想像してみてください。そして、さらに4,200万人の人々が感染し、治療費を支払える見込みがなかった場合を想像してみてください。これはまさにサハラ砂漠以南のアフリカ大陸で実際に起きていることです」とコメントを寄せている。

さらに、「この病気(エイズ)は人道主義の大災害(=戦争)を超えるもので、モラルの危機が国全体を滅ぼそうとしています。私はこれ(エイズ)はテロによる戦争や、アフガニスタンやイラクのように貧困に陥った国の再建、そして中東の平和と同じくらいに重要な問題だと信じてます。それはあなた自身の娘や息子が亡くなるのと同じことなのです」と続けている。

アリシア・キーズはケニア、南アフリカ、ウガンダ、ルワンダで治療プログラムを行なっている団体「Keep a Child Alive」への支援促進を行ない、他にロッド・スチュワート、グッド・シャーロット、シェール、ネリー、ジョシュ・グローバン、アヴリル・ラヴィーンといったアーティストもこの運動に参加。また、アリシア・キーズは12月1日にニューヨークで行なわれるチャリティ・イベント『Pusher's Ball』にロイ・エアーズ、ベビーフェイス、コモン、アンソニー・ハミルトン、アンジェリック・キジョ、レニー・クラビッツ、モス・デフ、ルー・リード、アンジー・ストーンらと共に出演する。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報