P.ディディ、元インターンへの暴力行為で訴えられる

ツイート
P.ディディのレーベル、バッド・ボーイで働いていた元インターンが、P.ディディに暴力を受けたとして、1,000万ドル(約10億円)の損害賠償を求める裁判を起こしたと、SOHH.comが報じている。

バッド・ボーイでインターンとして働いていたヘンリー・オウス氏の訴えによると、事件が起きたのは'03年11月で、彼がP.ディディの秘書と口論していたところ、P.ディディがその場に入ってきて、彼を殴打。「窓から外に投げ出すぞ」と脅され、その後エレベーターに押し込まれて、建物から外に放り出された。また、P.ディディのボディーガードも彼へ暴力を振るったという。

P.ディディは過去に元運転手から訴えられているが、今回の件で再び彼は元従業員からの訴訟で法廷に引き戻されることになった。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報