エアロのS・タイラー、感謝祭でリハビリ施設訪問

ツイート
AP通信によると、エアロスミスのスティーヴン・タイラー(Vo)が感謝祭の日にドラッグ・アルコール依存治療センターの女性たちを見舞った。自らも薬物依存に苦しんだ経験を持つ彼は、彼女たちにターキーを振る舞い、ドラッグ依存は克服できると訴えた。彼は20年前から薬物には一切手をつけていないという。センターで治療を受けている女性の一人は「私たちのために施設を訪れ、こうした活動をしてくれる人がいてうれしい」と語った。タイラーは「生きた手本」として、今の自分の姿を見て、克服が可能なことを知ってもらいたいと言う。

関連情報では、タイラーはトム・ハンクスが主演するクリスマス映画『ポーラー・エクスプレス』(11月27日公開)に出演している。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報