UFOカルト教団、ラエリアン・ムーブメントがエミネムを「名誉聖職者」(Honorary Priest)に認定したと、SOHH.comが報じている。

これはアンチ・ブッシュ・ソングであり、アメリカの若者に対してイラク戦争に対する反対を訴えた、エミネムの曲「Mosh」のプロモーション・ビデオをラエリアン・ムーブメントが高く評価したもの。

同教団の代表者、ラエル氏は「このビデオは素晴らしい。何百万人もの政治に無関心な若者に対して、ワシントン(アメリカ政府)が嘘や偽善を与えていることを気付かせ、暴力に対する真実を思い出させている」とコメントしている。

さらに「この(「名誉聖職者」という)称号は自らの経歴を危険にさらすことを恐れずに、平和運動を支援する有名人に対して与えられるものだ。ラッパー達は論争を恐れておらず、ブッシュ政権が軍事行動を行なうことによって、アメリカ市民から奪われることになる<言論の自由>を改めて教えてくれる素晴らしい例である」と続けている。

ちなみにラエリアン・ムーブメントとは、'73年にラエル氏が宇宙人と接触したことをきっかけにフランスにて設立されたUFOカルト教団であり、宗教活動、政治活動、そして平和運動などを行なっている団体である。

なお、今回の「名誉聖職者」を与えられたことに対する、エミネム側からの声明は発表されていない。

K.Omae, LA