ダレル射殺事件後、リンキン“ファンと身近な交流を続ける”

ツイート
12月8日にダメージプランのギタリスト、ダイムバッグ・ダレルが射殺され、アーティストたちがライヴ会場での身の安全に不安を感じてるいる今週、リンキン・パークのロブ・ボードン(Dr)がファンと至近距離で交流することに問題はないと語った。

ボードンは最近のロンチ・レディオ・ネットワークスのインタヴューで、基本的にファンは“礼儀正しい”とし、「デビュー当時から、アプローチしやすくしている……ショーのあとに彼らとコミュニケーションをとって、オープンな関係を築こうと努力してきた」と話している。それ故、セキュリティをあまり心配していない、といった内容の話をしたとBlabbermouthが伝えている。

彼らは先週、カリフォルニア州でブック・サインイベントを行なった。会場には1000人のファンが集まったという。リンキン・パークはまた、Lycosが行なった“'04年ネットで最も人気のあったグループ”を決める投票で、2位に選ばれた。

関連情報では「Numb/Encore」「IZZO/In The End」ほかを収録したジェイ・ZとのジョイントCD『COLLISION COURSE』が先日、全米アルバム・チャート1位を獲得した。待望の日本盤は12月22日に発売される予定だ(ワーナーミュージック・ジャパン)。

ダメージプランについてのニュースでは、ダレルの遺体が14日、キッスの棺“KISS Kasket”と共にテキサス州タラント郡アーリントンの墓地Moore Funeral Home Cemeteryに埋葬された。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス