諸星和己、自ら書き起こしによる3連続リリース、Shake、TRAFFIC、SIGNALからの、Red sign、YELLOW sign、BLUE signのラストを飾るBLUE sign「SAD SOUND」がリリースされた。シンプルなファンク・ロックを意識したという前作「Nine Ball」から一転、序盤はミディアム・テンポでタイトル通りのSADなサウンドだ。ところが、変調した中盤から一転、ヘヴィ・ロック、ミクスチャー風のギターやトリッキーなギミックに彩られる。後半はストリングスを取り入れたロック・バラード風へと、この展開は“度肝を抜かれた”の一言である。

ラップを大胆にフィーチャーした「Real Action」、シンプルなロックに立ち返った「Nine Ball」といった3連続リリースの中で、「SAD SOUND」こそ、ラストを飾るにふさわしいといって過言でないだろう。

シンガー・ソングライター、諸星和己の豊富なイマジネーション、そして余裕さえ感じられる本作。今の疲弊した音楽シーンが忘れかけていた緊張感を思い起こさせてくれる、そして喜びと悲しみが同時にやってくる気持ちになれるような、オリジナルな1枚だ。

そんな「SAD SOUND」PVを下記アドレスにて配信中! また、「Nine Ball」PV配信の好評により、今回3連続リリースの1作目にあたる「Real Action」PVも配信開始! ぜひこちらもチェックしよう! また、ファンにはたまらない直筆サイン入りポスターもあるから要チェックだ。

「SAD SOUND」PV映像
https://www.barks.jp/watch/?id=1000002804

「Real Action」PV映像
https://www.barks.jp/watch/?id=1000002805

諸星和己 サイン入りポスタープレゼント
https://secure.barks.jp/?m=present&id=1000000321&a=form