マリリン・マンソン、テキサス公演でパンテラ演奏

ツイート
ショック・ロッカーのマリリン・マンソンが、先日行なわれたテキサス州マックアレンのコンサートで、パンテラの「Revolution is My Name」をカヴァーした。

The Monitorなどによれば、マンソンは「The Fight Song」「Personal Jesus」といったヒットと共に、同曲をプレイ。特別なコメントはなかったが、先日死亡したダイムバッグ・ダレルをステージからパフォーマンスで追悼した。

同公演はオーディエンスの「Tainted Love」の大合唱でクライマックスを迎えている。

「Revolution is My Name」はパンテラの5thアルバム『REINVENTING THE STEEL/激鉄』(2000年)に収録。マンソンは'90年代のOzzfestにパンテラと共に参加した。

マンソンの最新作は今年('04年)9月に発売された『Lest We Forget』。来年('05年)2月には東京・大阪で行われる冬のフェスティヴァル“SONICMANIA 05”への出演が決定している。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス