ジェニファー・ロペス、元夫に不当解雇で訴えられる

ツイート
ジェニファー・ロペスの最初の夫であるオジャーニ・ノアが、彼女の経営するレストランを不当に解雇されたとして、契約違反で訴える裁判を起こしたとAP通信が報じている。

ジェニファー・ロペスは'02年4月にロサンゼルス郊外のパサデナにてオープンしたレストラン「Madres」のマネージャーとしてオジャーニ・ノアを別のレストランから引き抜いた。その際、彼女は「正当な理由なしでは解雇しない」と約束したという。しかし、彼は約半年後に突然解雇され、解雇の理由も一切告げられなかったとして、ジェニファー・ロペスに対して損害賠償を求めている。

なお、ジェニファー・ロペスとオジャーニ・ノアは、彼がウェイターとして働いていたマイアミのレストランで出会い、'97年に結婚。その、その約1年後には離婚している。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報