クイーン、マンデラのコンサートで再結成

twitterツイート
先日、ポール・ロジャースを新しいヴォーカリストに迎え、再結成することを発表したクイーンが、来年、ネルソン・マンデラの開くチャリティ・コンサートに出演することが発表された。マンデラ元南アフリカ大統領は、エイズに苦しむ人々を支援するため昨年U2らがパフォーマンスし大成功した<46664>コンサートを再び3月に開催するという。

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイはこう声明を発表している。「これは、クイーンがネルソン・マンデラ氏の取り組むエイズ問題に引き続き関与できる素晴らしいチャンスだ。ロジャー(・テイラー)と自分にとって、ポール・ロジャースと共にフルセットをパフォーマンスできる初めてのチャンスでもある」。しかしながら、ベーシストのジョン・ディーコンはこの再結成に参加することを拒否したという。

メイは先週、バッド・カンパニーやフリーで活躍したポール・ロジャースをヴォーカルに迎え、来年5月にクイーンのヨーロッパ・ツアーを行なうつもりだと話していた。彼らはすでに先月、UK版音楽の殿堂入りの授賞式でロジャースと共にクイーンのヒット曲をパフォーマンスしている。

昨年行なわれた<46664>コンサートは、U2、ビヨンセ、ピーター・ガブリエルらが出演。クイーンに続く来年のラインナップは、年明け早々に発表されるという。コンサートは3月19日、南アフリカのジョージにあるファンコート・ホテル&カントリー・クラブ・エステートで開かれる。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報