カール、リバティーンズの将来について語る

twitterツイート
ザ・リバティーンズのギタリスト、カール・バラーが、活動を別にしているピート・ドハーティとの関係やバンドの将来についてNME.comに話をした。リバティーンズは、12月17日にパリで行なわれたショウがバンドとしての最後のパフォーマンスになるのではないかと噂されていた。

パリでのパフォーマンスを終えたカールは、こう話している。「耐え難い痛みだ。これまでしてきたことの墓石であり、将来への礎石にもなった。自由の別の領域への旅立ちだ。リバティーンズに束縛されるようになってたからね」

バラーは、最後のパフォーマンスを英国以外の土地で行なったことを「ピーターを傷つけたくなかったから」と説明した。「英国でプレイしたかった。でもピーターを傷つけたくなかったんだ。嫌味なマネをしたくなかった。正しいことをしたと思ってる。彼もそれを理解してくれてるといいんだけど」

ドハーティとは「友人として付き合いたい」と続けている。「ピーターと連絡取りたいと思ってるんだ」「俺が彼を避けてるなんて考えて欲しくない。彼を愛してるってことを思い出して欲しいよ」

バラーはリバティーンズから離れ、しばらくの間、自分の悪癖に向かい合いたいという。「そして、アルカディア(理想郷)を見つけたい。それが見つかるまであきらめるつもりはない」

またベーシストのジョン・ハッサルは、すでにニュー・バンド、イェティ(Yeti)を結成。ギターとヴォーカルを担当しているという。彼らのパフォーマンスを見たというバラーは「いいバンドだと思う。ジョンは楽しそうだった。俺が彼だったら同じことをしてるね」とバンド・メイトの新しい活動にエールを送った。

事実上の解散宣言とも取れるこの発言。リバティーンズが今後どうなるのか、ファンには心配なところだ。バラーは、ファンにこうメッセージを残している。「今度は君たちの番だ。俺達のギグに来て、ギターを弾くようになったみんな、解放されたって言ってくれたみんな、君たちが何を始めるのか楽しみにしてるよ」

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス