津波救済にマドンナ、ノラ、マルーン5、ベック他多数

ツイート
昨年12月26日に発生したスマトラ沖地震・津波の被害を救済するために、大勢のアーティストが立ち上がっている。今週、さらに多くのミュージシャンがチャリティ活動への参加を表明した。

最新のビルボードなどによれば、1月15日に行われるNBCの番組『Tsunami Aid: A Concert of Hope』にマドンナ、スティービー・ワンダー、ダイアナ・ロスらが出演することが決まった。また、先に発表されたクリスティーナ・アギレラ、シェリル・クロウ、ティム・マッグロウほか、ノラ・ジョーンズ、マルーン5、レニー・クラヴィッツ、ブライアン・ウィルソン、インディア.アリー、ジョン・メイヤー、ケニー・チェズニー、メアリー・J.ブライジ、グロリア・エステファン、ロジャー・ウォーターズ(元ピンク・フロイド)、トム・ジョーンズといった有名アーティストの参加が確認された。コンサートの収益金は米国赤十字社に寄付される。

さらに、エルトン・ジョン、アニー・レノックス、ネリーらの出演も報じられている。

全米チャート1位のグリーン・デイはiTunesの収益金を米国赤十字社に寄付することを決めた。

1月12日にはカナダ出身のセリーヌ・ディオンが、“母の日”のラスベガス公演の売り上げをユニセフに寄付することを発表した。金額は推定100万ドル(約1億200万円)と伝えられている。

ABC NEWSなどによれば、1月17日にロサンゼルスで行われるコメディアンのウィル・フェレルがホストを務めるチャリティに、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、ベック、テネイシャス D、デイヴ・グロウル(フー・ファイターズ)、ジョシュア・オム(クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ)らが出演する。

オーストラリアではジェット、リヴィング・エンドらに続いてミッドナイト・オイル、シルヴァーチェアーといったアーティストが1月29日にシドニーで救済コンサート“Wave Aid”を行なう予定だ。ビルボードによれば、ミッドナイト・オイルが公演するのは約2年ぶりという。

この他にも、イギリスではすでにエリック・クラプトンほか、ポール・マッカートニー、スノー・パトロールが、アイスランドではビヨークがそれぞれ支援を決めている。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報