オジー、スターを集めてチャリティ・シングルを

twitterツイート
オジー&シャロン・オズボーン夫妻が、ビッグ・スターを集めて津波救済チャリティ・シングルをリリースすることを発表した。彼らはエリック・クラプトンの名曲「Tears In Heaven」をカヴァーするという。

NME.comによると、このプロジェクトにはオジーほか、エルトン・ジョン、ピンク、グゥエン・ステファニー、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー、エアロスミスのスティーヴン・タイラー、ロッド・スチュワート、ロビー・ウィリアムス、オジーの娘ケリーらが参加するという。プロデュースはシャロンとオーディション番組『Pop Idol』の審査員長サイモン・カウエルが務める。

NME.comによると、レコーディングは早くも1月20日(木)にロンドンのホワイトフィールド・ストリート・スタジオで、エルトン・ジョン、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーらのパートをレコーディングし、その後、オジー・ファミリー、ステファニーやウイリアムス、ロッド・スチュワートらのヴォーカルをLAで収録。タイラーのパートはボストン、ピンクのパートはNYで録音されるという。

シングルのリリース日程等は未定。売り上げは、英赤十字、Oxfam、Save the childrenなど英国の主要チャリティ団体から成るDisasters Emergency CommitteeのTunami Earthquake Appealに寄付される。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報