ソー・ソー・デフを率いるプロデューサー、ジャーメイン・デュプリがヴァージン・レコードのアーバン・ミュージック部門の社長に就任すると、Billboard.comが報じている。

これはヴァージン・レコードのCEO、Matt Serleticが1月24日に公表したもので、今後、ジャーメイン・デュプリはアトランタとニューヨークの両方にベースを置いて、ヴァージン・レコードの仕事を行なうことになる。また、彼のレーベル、ソー・ソー・デフはヴァージン傘下になり、彼はヴァージンの元でプロデュースやソロ・アーティストとしての活動を行なうことになる。

ジャーメイン・デュプリは「10年前にラッセル・シモンズがデフ・ジャム・レコードとアイランド・レコードを提携した時のように、ソー・ソー・デフとヴァージンが提携することによって、同じ効果をヴァージンに対してもたらすつもりだ」と語り、さらに「俺はヴァージン・レコードをR&Bとラップのチャートのトップを飾るような、若くて格好いいレーベルにする」と続け、意欲を語った。

K.Omae, LA