マライア・キャリー、新作のリリース日を1ヶ月変更

ツイート
マライア・キャリーのニュー・アルバム『The Emancipation of Mimi』の全米でのリリース日が、当初発表されていた3月22日から4月21日に変更されたと、Billboard.comが報じている。

リリース日が約1ヶ月後ろ倒しになった理由は明らかになっていないが、本アルバムからはすでにジャーメイン・デュプリのプロデュースによる先行シングル「It's Like That」がリリースされており、先週のビルボード・シングル・チャート、ホット100では初登場53位に輝いている。この初登場53位という数字は、ここ5年以内でのマライア・キャリーにとっての最高位でもあり、順調な滑り出しと言える。

『The Emancipation of Mimi』にはジャーメイン・デュプリ以外にプロデューサーとしてカニエ・ウェスト、ネプチューンズの参加が明らかになっているほか、ネリー、スヌープ・ドッグ、トゥイスタらがゲスト・ラッパーとして参加している。また、'02年にリリースされた前作『Charmbracelet』はビルボードのアルバム・チャート、ビルボード200で初登場3位に輝き、アメリカ国内で通算110万枚を売り上げている。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報