──まずは、天野浩成としてのCDデビューということで、デビューの感想を教えてください。

天野浩成(以下、天野):本当に初めてのことばっかりで、分からないこともいっぱいありました。いい作品に仕上げようとがんばりました。

──天野さんは以前『仮面ライダー剣』の橘 朔也として、エンディングテーマの「rebirth」をリリースしていますが、そのときと気持ちの面で違いはありますか?

天野「rebirth」は『仮面ライダー』というイメージやブランドに守られていた面もありますし、“天野浩成”であることより、“仮面ライダーのエンディングテーマ”“橘 朔也”であることが大事だったりしたので。今回、僕個人になったときに、どれだけたくさんの人に興味を持っていただいたり、賛同していただけるのか、不安と期待の入り混じった気持ちです。

──そもそも、俳優の天野さんがCDデビューをするきっかけというのは?

天野デビューの話自体は結構前から出ていて、ゆっくり進んでいた感じです。プロデューサーさんやスタッフさんとも、“どんな音楽が好きなの?”“普段どんなの聴いてるの?”みたいな話から始まって。そういう話の中で、“こんな曲が好きです”“こんなときに音楽って大事なものだと思います”という気持ちとかを伝えていき、曲ができて、詞ができたんです。

──普段はどんな音楽を聴くんですか?

天野僕にとっては歌詞が大事なので、歌詞がいい歌が好きですね。流行の歌とかには、あまり興味ないんですよ。人の思い出とか、心に残る音楽ってあるじゃないですか? それを聴いたら“あの頃を思い出す”とか、“がんばりたいときにはこれを聴く”とか。聴いた人の人生に関わりたいんですよね。何かを残したい。あとは、朝起きるときにテンション上げるために聴いたりします(笑)。

──そんな中で、とくに影響を受けたり好きだったりしたアーティストはいますか?

天野さだまさしさんは子供のころから好きで、中学のときにコンサートに行ったんですよ。さだまさしさん以外だと“この人!”というよりは、“この曲が好き!”という感じになるんですよね。たとえば、僕も若いときに地方から上京しているので、そのころはシャ乱Qさんの、「シングルベッド」とか「上・京・物・語」とか。あとはスピッツさんの「チェリー」とか好きでしたね。そういう曲って、今、聴いてもその頃を思い出して新鮮な気持ちになったり、“がんばるぞ”って気持ちになれるんですよね。

読者プレゼントやインタヴュー続きはPart.2へ


『希望ヶ丘』
avex trax

AVCD-30698/B 2,800(tax in)

1. 希望ヶ丘
2. サリンジャー
3. 希望ヶ丘(instrumental)
4. サリンジャー(instrumental)



「希望ヶ丘」TVスポット映像と本人ビデオ・メッセージはこちら