dreamの山本サヤカがソロ・デビュー! まったく異なる音楽性の新曲を語る

ツイート



──まず、これまで山本さんはdreamとして活躍してきたわけですが、ソロ・デビューを飾る感想を教えて下さい。

山本サヤカ(以下、山本):最初に聞いたときは“え!? 本当に?”という思いもあったんですけど、すごくうれしかったですね。dreamって、曲のテーマをダンスで表現する部分が結構あるんですけど、“山本サヤカ”としては、歌で伝えることが中心になります。それは、今まですごくやりたいと思っていたことなので、うれしかったですね。

──歌手になりたいというのは、子供の頃からの夢だったのですか?


山本:そうです。お父さんが民謡をやっていたので、3歳の頃から音楽には身近に接していたんです。そして、小4ぐらいのころにSPEEDさんがすごく女の子に人気があって、自分も聴いて元気づけられたりすることがあったので、自分もそういう存在になりたいと思うようになったんですね。

──これまでどんな音楽を聴いてきたのですか?

山本:まずSPEEDさんが大好きで、あとは先輩でもある浜崎あゆみさんですね。家に、年の離れたお姉ちゃんがいるんですけど、お姉ちゃんが好きだったTRFさんも聴いてました。それに、お母さんが美空ひばりさんのファンだったので、そういうのも聴いてましたね。お風呂で「リンゴ追分」とか歌ってました(笑)。

──そんな家族の元を離れ、山本さんも石川から上京して東京で暮らしているわけですが、1曲目の「東京だより」は実感に近い内容だったりしたのでしょうか?

山本:すごく共感できる内容でした。ほんとに“分かる、分かる”みたいな感じで。石川ではすごく星が綺麗なんですけど、歌詞に“星空は 何故 くすんでいる”とかあるんですよ。これってわたしが東京に来て最初に思ったことだったんですよね。

──ソウルフルな女性の英語コーラスやストリングスの演奏、ギターの雰囲気など、サウンドがdreamとは全然違いますね。

山本:全然違いますよね(笑)。今回、初めてレコーディングの最終段階の作業まで立会いさせてもらったんですけど、初めて聴いた瞬間自分でもそう思いました(笑)。オケ録(ヴォーカル以外の楽器演奏などの録音)にも初めて参加させてもらいました。

──続くタイトル曲の「惜春」はかなり切ない雰囲気で。

山本:そうですね、かなり切ないんですけど、今まで歌った曲の中で、一番自分が入り込めた、主人公になれた曲なんですよね。きっと世の中で起こっているリアルな歌詞なので、歌っていて胸が痛いというか。お父さんとお母さんが離婚して、お母さんが家を出て行くという曲なんですけど、悲しいですよね。

読者プレゼントおよびインタヴュー続きはPart.2へ


『惜春』
avex trax

AVCD-17623/B 2,800(tax in)

1. 東京だより
2. 惜春
3. 地区予選
4. 僕らは弥生の風の中
5. 斑鳩
6. クリスマス行進曲



「 惜春 」TVスポット映像と本人ビデオ・メッセージはこちら

この記事をツイート

この記事の関連情報