A・モリセット、米市民権を取得

twitterツイート
カナダ出身のトップシンガー、アラニス・モリセットが“アメリカ人”になった。AP通信によれば、彼女は先週、ロサンゼルスで米国の市民権を取得。人生のターニングポイントを迎えたという。

自らカナダ系アメリカ人と称するモリセットは現在、カリフォルニアに在住。もちろんカナダにも住居を所有している。彼女はアメリカ人となった明確な理由を明かしていないが、税金面で有利といった物理的なものと、音楽活動に欠かせない米国との深い心情的な繋がりがあるようだ。

彼女は広報担当を通じたステートメントの中で「アメリカには本当にお世話になっています。ここに来た最初の日から歓迎されてると感じています」 と語った。

米市民になった彼女だが、カナダ国籍も維持しており、 声明では「カナダ国籍を捨てることは決してしません」とも話している。

カナダ出身の著名人では他に映画俳優のジム・キャリーやパメラ・アンダーソンが米国籍を取得している。
アラニス・モリセットの最新作は『ソー・コールド・カオス』('04年)。昨年9月には日本公演を行なった。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報