デイヴ・マシューズ・バンド、新作を引っ提げ全米ツアー決定!

twitterツイート
昨年は環境訴訟(https://www.barks.jp/news/?id=1000002298)やR.E.M.ほかとの大統領選ツアー(https://www.barks.jp/news/?id=1000002930)が話題になったデイヴ・マシューズ・バンドだが、3月1日、今夏に新作を引っ提げた全米ツアーを行うことが広報担当を通して発表された。ツアーは6月1日のミズーリ州メリーランドハイツを皮切りに、Bonnaroo Festivalが開催されるテネシー州マンチェスターを含む全米主要都市を廻り、9月7日のカンザス州ボナー・スプリングスで幕を閉じる予定。今年のBonnaroo Festivalにはモデスト・マウス、ジョシュ・ストーンほかが出演する。バンドはまた、この全米ツアーに先駆けて4月30日にニューオーリンズで行われるジャズ&ヘリティッジ・フェスティヴァルにも出演する予定だ。

バンドは現在『Busted Stuff』('02年)に続くスタジオ・アルバムの制作に取り組んでいる。タイトルは現在のところ未定だが、制作状況を伝えるサイト(http://www.dmbnewstudioalbum.com)には「作業が急ピッチで進んでいる。20曲以上を書いた……5月にリリースを見込んでいる」といった内容のメッセージが掲載されている。

マシューズはRolling Stone誌のインタヴューで「新作のテーマは愛と人生、神、死、セックス」と語った。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報