ティム・マッグロウ、ACM賞最多ノミネート!

ツイート
3月3日(木)に発表されたアカデミー・オヴ・カントリー・ミュージック・アワード(ACM Awards)で、フェイス・ヒルの夫としても知られるカントリー・スター、ティム・マッグロウが最優秀楽曲、最優秀アルバム、最優秀男性ヴォーカル他を含む最多の6部門にノミネートされた。また、グレッチェン・ウィルソンが最優秀新人を含む5部門でノミネートを受けた。他にケニー・チェズニーとアリソン・クラウスらが同じく5部門で候補に挙げられている。

マッグロウは昨年8月に新作『Live Like You Were Dying』(日本盤'04年12月発売)をリリース。アルバムは全米チャートで初登場1位を飾った。タイトルトラックの「Live Like You Were Dying」は昨年11月にCMA Awardsを受賞した。

第40回ACM Awardsの授賞式は5月17日、ラスベガスで行われる予定。

今年のACM賞では他に、ノラ・ジョーンズがドリー・パートンとのデュエット「Creepin' In」で最優秀ヴォーカル・イベントにノミネートされている。

マッグロウはネリーとのコラボレーション「Over & Over」が米メインストリーム・チャートで1位を獲得するなど、カントリーのジャンルを越えた活躍をみせている。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報