リンジー・ローハン、過激な変身ぶりはお見事! 主演映画「ミーン・ガール」公開

ツイート
映画『フォーチュン・クッキー』でブレイクし、歌手デビューも果たしたリンジー・ローハン。今や全米のティーン・アイドルNo.1とも言われる彼女の主演最新作が、3月5日公開の『ミーン・ガールズ』だ。アメリカの女子高生の“生態”をリアルに描いた学園ドラマで、リンジーが演じるのはアフリカ生まれの転校生ケイディ。慣れない学校生活で、ひょんなことから女王様グループに仲間入りしてしまったために、とんでもない騒動に巻き込まれていくというジェットコースタームービーだ。

タイトルの『Mean Girls』は、「意地悪ムスメたち」という意味。初めはピュアで素朴な田舎娘だったケイディが、周囲に感化されて立派な意地悪ムスメに成長(?)していくのだが、ド派手なメイクやファッションも含め、リンジーの過激な変身ぶりはお見事というほかない。また、『きみに読む物語』で純真なヒロイン役を務めていたレイチェル・マクアダムスが、全く正反対ともいえる性悪の女王様になりきっているのも驚きだった。

音楽は、PVに本作のシーンが挿入されているケイティ・ローズの「Overdrive」をはじめ、ミッシー・エリオット、PINK、ブームキャット、ザ・ドナス、ジャニス・イアンなど、幅広いアーティストの楽曲が使われている。

▼ケイティ・ローズ「Overdrive」
https://www.barks.jp/watch/?id=52027665

原 令美/イーフィールズ
この記事をツイート

この記事の関連情報