ジャ・ルール、トロントでの傷害事件で有罪を認める

ツイート
ジャ・ルールが昨年、トロントのクラブで起きた傷害事件の裁判で有罪を認めたと、AP通信が報じている。

この事件は昨年6月に映画の撮影のためにトロントに滞在していたジャ・ルールが訪れたクラブLa Rougeにて起きたもので、ジャ・ルールと50セントの確執について何者かが侮辱的な発言をしたことに対して彼が腹を立てて、近くにいた人を殴った。そして、殴られた被害者は目にあざが出来、瞼を切るというケガを負った。

3月7日にトロントにて開かれた裁判に妻やボディーガードと共に出廷したジャ・ルールは「私自身の行動に対して謝罪します」と発言し、有罪を認めた。そして、裁判所はジャ・ルールに対して罰金1,200ドル(約12万円)の支払いを命じる判決を下した。

なお、当初、この事件に関して被害者がナイフで刺されたという報道もされていたが、今回の裁判ではそのような事実は確認されていない。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報