噂の大型新人、三浦大知ついにデビュー! INTERVIEW編

twitterツイート




──「Keep It Goin' On」、すごくカッコイイ曲ですね!

三浦大知:ありがとうございます。よかったです(笑)。

──これがデビュー曲に決まったのは、いつ?

三浦大知:去年の11月くらいだったと思います。初めはガンガン踊れるダンス・チューンがいいんじゃないかな、って思ってたんですけど──休んでる間は、ずっとダンスに情熱を傾けていたので──「Keep~」を何回も聴いてるうちに、デビューにはこの曲のほうがいいな、って思い始めたんです。歌詞の内容も“スタート”に対する強い気持ちが入ってたし。

──休業中はダンスに力を入れてたんだ?

三浦大知:そうですね。もともと変声期のために休業させてもらったので、なるべく歌わないように心がけてました。その分、ダンスばっかりやってましたね。あとは部活。バレーボールをやってたんですけど、めちゃくちゃしごかれてました(笑)。

──歌えないことに対する不安はなかった?

三浦大知:不安っていうのはなかったですね。変声期に歌い過ぎると声がダメになるっていうのはわかってたし、焦っても仕方ないなって。ただ、音楽に対する気持ちは全然変わらなかったんです。自分のやりたいことは決まってたというか、音楽以外のことはまったく考えなかった。それは、以前“Folder”をやってたことも関係してますよね。自信というわけじゃないけど、これからも歌をやっていきたいなっていう意識はしっかり持ってたので。

──普通は進路とかで悩む時期だけどね。

三浦大知:はい、友達から言われましたよ。“オマエは高校のこととかで悩まなくていいな”って(笑)。

──好きな音楽の種類が変わったりはしなかった?

三浦大知:好きな音楽は変わらないですけど、聴く音楽は増えましたね。昔はR&Bばっかりだったけど、それ以外のものも聴くようになった。たとえばノー・ダウトのグウェン・ステファニーとかリンキン(・パーク)とかニッケルバックとか。マルーン5も好きですね。

──なるほど。

三浦大知:あと、最近はブラック・ミュージック系のCDショップにも行くようになりました。そこでDJのミックスCDを買って、いろいろ研究したり。音楽の勉強っていうか、知識を増やすのが楽しいんですよね。映画『永遠のモータウン』も見たし、ブルース・ミュージシャンのドキュメンタリーDVDなんかにも興味あるし。

──その中から、新しい方向性を探ってる?

三浦大知:自分のことに関しては、ヴォーカルのレッスンを本格的に始めた頃──変声期が終わった、中3くらいかな──に知った“アッシャー”が大きいですね。こういう人って、日本にはあんまりいないんじゃないかな、って思ったんですよ。男性ソロ・ヴォーカリストで、ちゃんと歌を歌えて、ダンスもうまくて……。スタッフの人たちと話したときも、“歌とダンスをミックスして、しっかり見せていきたいよね”ってところで意見が一致しました。



twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報