日本語ラップの最新型、達磨様デビュー!

ツイート
元韻踏合組合(以下、IFK)のオオヤが達磨様(だるまさん)と名を変えて、1stアルバム『How to Ride』をリリースした。大阪発の超個性派ラップ集団IFKの中でも、印象に残る高音ヴォイスとユニークなライムで高い評価を受けてきた彼だが、今回リリースされたアルバムでも絶妙のフロウを聴かせてくれている。

もうとにかく韻を踏みまくる。ありとあらゆる言葉で、リズミカルに韻を踏む彼のライムは爽快の一言。こんなライミングは、いまだかつてなかったのでは? というほど高度なスキルを駆使する達磨様のラップ。IFK在籍時とは一味も二味も違う、達磨様独自の世界観が楽しめる。これは、日本語ラップの最新型といっても過言ではないはずだ。もちろん、盟友であるIFKも「交差点 in 大阪」という曲で参加。抜群のコンビネーションは本作でも健在だ。

そんな達磨様からメッセージが到着! もうこのメッセージでもユニークなキャラクターは全開。このメッセージを見て気になった人は、すぐにアルバムをチェックしよう!!

▼達磨様の最新メッセージはこちらから▼
https://www.barks.jp/watch/?id=1000003943
この記事をツイート

この記事の関連情報