大沢伸一プロデュース、泣き踊る19歳 信近エリの近況は?

ツイート
モンドグロッソこと大沢伸一がプロデュースした「Light」が大きな話題を呼んだ、注目の新人シンガー信近エリ。そんな彼女が4月6日に待望の2ndシングル「Voice」をリリースする。

プロデュースは今作も大沢伸一。哀愁ただようスパニッシュ・ギターが胸に響く、ルイ・ヴェガを彷彿とさせる極上のラテン・ハウスだ。フロアでも充分通用するようなこの曲は、信近エリ曰く“泣きながら踊る”曲だとか。サウダージ感あふれる大沢伸一のトラックと表情豊かな信近エリのヴォーカルが、絶妙にミックスされた快心の出来となっている。大沢伸一プロデュースによるbirdの名曲「Life」に匹敵する完成度を誇るこの曲は、一般リスナーはもちろんクラブ・ミュージック・ラヴァーからも熱い支持を受けそうだ。

そんな信近エリから最新コメントが到着! 彼女のマイブームやちょっとユニークな作詞方法なんかを話してもらいました。下記URLより即チェック!

▼信近エリの最新コメントはこちらから▼
https://www.barks.jp/watch/?id=1000004060
この記事をツイート

この記事の関連情報