ファンキー&グルーヴィー! エイメリーが2ndアルバムをリリース

ツイート
'01年にNASの「Rule」にフィーチャリングされて以来、シーンの注目を集めるようになったエイメリー。翌'02年には1stアルバム『ALL I HAVE』をリリース。プロデューサーに起用したリッチ・ハリソンを起用したこの作品は、瞬く間にシーンでの評価を確立してしまった。そしてリッチ・ハリソンは、その後ジェニファー・ロペス「ゲット・ライト」やビヨンセ「クレイジー・イン・ラヴ」など超話題曲のプロデュースを手掛け、いまやトップ・プロデューサーの一人にまで成長している。

もはや黄金コンビと言っても過言ではない、この2人が2年半の月日を経て待望の新作『TOUCH』を4月27日にリリースする。ウィル・スミス主演の映画“Hitch”のサントラにも収録されている先行シングル「1Thing」のクラブ・ヒットにより、ご存知の方も多いはずだ。とにかくファンキーでグルーヴィーなドラム・ブレイクに、エイメリーのまるでラップのようなリズムで歌うヴォーカルが乗るこの曲は、現在のR&B/ヒップホップの最新型と言っても過言ではないだろう。

この最新作に収録されている楽曲は、どの曲も負けず劣らずの内容で、これから夏にかけて日本でも大きなヒットを生む予感。次世代のR&B/ヒップホップを聴き逃すな。
この記事をツイート

この記事の関連情報