エルトン・ジョンが、エミネムを「ジミ・ヘンドリックスやミック・ジャガーのような伝説的ミュージシャンと同等」と称賛した。エミネムは、『Rolling Stone』誌の“イモータル(名声不朽)・リスト50”に選ばれた。このリストに選ばれたミュージシャンは、他のアーティストから称賛の言葉を貰うが、エルトン・ジョンはエミネムに「感嘆」しており「彼と共演したときは鳥肌が立った」と表した。

エルトンは、'01年のグラミー・アワーズ授賞式でエミネムとパフォーマンス。同性愛批判をラップするエミネムとの共演にゲイ・グループから批判の声も上がったが、エルトンは「最初から、エミネムの考えてることを称賛してきた。だから彼が同性愛嫌いだという馬鹿げた話があっても、共演したいって思ったんだ」とコメント。「リハーサルでは鳥肌が立った」と続けている。

『Rolling Stone』誌が“イモータル・リスト”を選出するのは、これで2度めのこと。ベックがハンク・ウィリアムスに、デイヴ・マシューズがレディオヘッドに、デヴィッド・ボウイがナイン・インチ・ネイルズに対する称賛のコメントを発表している。

Ako Suzuki, London