レディオヘッド、最優秀アルバムに

ツイート
チャンネル4が行なった<偉大なアルバム・トップ100>投票で、レディオヘッドの『OK Computer』がトップに選ばれた。これは40万人近くの視聴者が投票した結果。5年前に似たような調査が行なわれたときは、ビートルズの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』が1位だったという。

この結果は、日曜日(4月17日)の夜に同局で放送されたが、番組内ではR.E.M.のマイケル・スタイプや元スミスのギタリスト、ジョニー・マーらがレディオヘッドへ称賛の言葉を贈っている。マーは、同アルバムを「際立った作品。リリースから時間が経てば経つほど、重要性が見出せるだろう」と評価した。

レディオヘッド関連ニュースとして、先週の金曜日(15日)フェア・トレードを訴えるデモに参加したトム・ヨークは、短いアコースティック・ギグを行ない「House Of Cards」という新曲を披露した。

チャンネル4の視聴者が選んだ<The 100 Greatest Albums>の上位10作品は以下の通り。

1.レディオヘッド『OK Computer』
2.U2『The Joshua Tree』
3.ニルヴァーナ『Nevermind』
4.マイケル・ジャクソン『Thriller』
5.ピンク・フロイド『Dark Side Of The Moon』
6.オアシス『Definitely Maybe』
7.ビートルズ『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』
8.マドンナ『Like A Prayer』
9.ガンズ・アンド・ローゼズ『Appetite For Destruction』
10.ビートルズ『Revolver』

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報