LONDON NITE、洋楽ロックを日本に広めた最高にクールなクラブイベント

ツイート






動画“ロング・メッセージ from 大貫憲章”『LONDON NITE』は今から25年前、新宿にあった大型ディスコ「ツバキハウス」でスタートした。名前の由来は、当時、イギリスからパンク/ニュー・ウェーブの波が世界中に吹き荒れつつあり、自分がそういうロックに心酔していたため、敢えて「ロンドン」と言う言葉を使用したまでで、必ずしもロンドン発の音楽をプレイしていたわけでなく、新旧洋邦ナンでもあり!で基本的には「ロックで踊る」をテーマに、それまでのダンスもの主体のディスコとは違う、ワン・ナイト限定のいわゆる「クラブ」的なスタイルで始めた。以来、ツバキ閉店まで7年、その後も色々なハコを転々としつつ、まさにTUMBLING DICEのように、アチコチで色々な人たちと出会いながら今日のクラブ・ワイヤーに至る。ただ、多くの人がクラブというと、HIPHOP,REGGE,HOUSE,TECHNOなどダンス系のサウンドをイメージするけど、『LONDON NITE』は、あくまで9人のDJによるノンジャンルのMIXTUREで、「クラブ」でも「ライブハウス」でもない、強いて言うなら「飲んで踊れるロック酒場」みたいなモノだと思う。そして25年も続いたのは、ひとえに皆さんが遊びに来てくれた結果だとも確信している。だから、「ロンナイ」はみんなの場所なのだ。

大貫憲章/KENSHO ONUKI(KENROCKS)



【大貫憲章プロフィール】

1951年東京生まれ。1970年より音楽評論家として執筆評論活動をスタート。NHKラジオ「若いこだま」のDJを皮切りに、ラジオ番組(RF「全英トップ20」、RF「サウンドプロセッサー」、QR「ペパーミントストリーロ青春大通り」など)のDJ、TVK「ミュートマ」のVJなどを担当。1980年よりロック系クラブDJイベント「ONDON NITE」を新宿ツバキハウスにてスタート。以後場所を変えつつ、現在も新宿CLUB WIREにて毎週金曜日に開催中。2005年で25周年を迎える。
その他、毎月第3日曜日に渋谷CLUB ROOMにて、俳優、モデルの村上淳他DJ10名によるオールタイム・ロック/ポップイベント「GROOVY ROCK CARAVAN」を主催、開催中。

≫KENROCKS OFFICIAL HOME PAGE http://www.kenrocks.net/


ロンドンナイト特集第2弾へ

DISC
『LONDON NITE 03-ALL TIME REAL GREATEST HITS』
MHCP-600 \2,520(tax in)
2005/05/11発売
アルバム解説へ!!
『LONDON NITE 03-ALL TIME REAL GREATEST HITS』
01. グッディ・トゥー・シューズ/アダム・アント
02. バケーション/ゴーゴーズ
03. クラッシュ/プリミティヴス
04. ロックバルーンは99/ネーナ
05. ハッピー・バースデー/オルタード・イメージ
06. フォーゲット・アバウト・ユー/モーターズ
07. ロックンロール黄金時代/モット・ザ・フープル
08. 68ガンズ/アラーム
09. アイ・ウォナ・ゴー・ホーム/ホーリー&ジ・イタリアンズ
10. ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ/ワム!
11. 涙のレター/REOスピードワゴン
12. ホールド・オン・タイト/エレクトリック・ライト・オーケストラ
13. アイ・フォート・ザ・ロウ/ザ・クラッシュ
14. アナザー・ガール、アナザー・プラネット/ジ・オンリー・ワンズ
15. 夢見るシャンソン人形/ディー・アエロナウテン
16. マイ・ボーイ・ロリポップ/ミリー・スモール
17. ウェイク・アップ・ブー!/ブー・ラドリーズ
18. レッド・ホット/ロバート・ゴードン・ウィズ・リンク・レイ
19. ザ・ハックルバック/コースト・トゥ・コースト
20. ギヴ・ミー・ユア・ハート・トゥナイト/シェイキン・スティーヴンス





渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET・THE ZOOT 16)
⇒メッセージを見る!!
TOKYO No.1 SOUL SETのギター/ヴォーカル。音楽のみならず、アパレル・ブランドのプロデュースやコンピレーション制作なども手掛ける。ソロ・ユニットTHE ZOOT 16では、全パートを一人でこなす才人ぶりを発揮。


PON(ラフィン・ノーズ)
⇒メッセージを見る!!
いわずと知れた元祖ジャパニーズ・パンク、ラフィンノーズのベーシスト。'91年に一度解散するものの、'94年にPONとチャーミーを中心に再結成。


高木完
⇒メッセージを見る!!
'86年に藤原ヒロシとともヒップホップ・ユニット、タイニー・パンスクを結成。'88年には日本初のヒップホップ・レーベル“メジャー・フォース”を立ち上げる。常に時代の一歩先行く感性で、常にシーンの最先端を歩み続けてきた。


藤原ヒロシ
⇒メッセージを見る!!
音楽プロデューサーなど。クラブDJという概念を日本で初めて紹介した。また、高木完らとともにタイニーパンクスやメジャー・フォースを通してヒップホップを紹介するなど、現在の日本のストリート・カルチャーに最も大きな影響を与えた存在である。





あなたのロンナイの思い出を教えてください
london_nite@barks.jp

この記事を読んだ皆さんからのロンナイに関する投稿をお待ちしています。1980年から現在まで、どの時代でもかまいません。思い出、出来事、友達からのウワサ、失敗談、ロンナイから受けた影響など、なんでも歓迎します。
次回のロンナイ特集第二弾(5/10更新予定)で、皆さんからの声をご紹介します!




LONDON NITE特集第二弾の予告

・大貫憲章、渾身のロング・インタビュー
・大貫憲章が選ぶオススメCD
・『LONDON NITE 03-ALL TIME REAL
  GREATEST HITS』全曲完全解説
・秘蔵写真大公開
・読者からのロンナイの思い出投稿を大公開

LONDON NITE特集第二弾、お楽しみに!!


この記事をツイート

この記事の関連情報