元スラムヴィレッジのワジードが、新ユニットを結成!

twitterツイート
Ubiquityの看板コンピ『Rewind!』で話題になっていた、Platinum Pied Pipers(以下、PPP)が、遂に1stアルバム『Triple P』を5月7日にリリースする。このユニットは、スラムヴィレッジに在籍していたワジードとマルチ・プレイヤーのサディークによるプロジェクト。Mitsu the beatsの「The awakening Remixes」への参加など、その動向にはシーン全体から注目が集められていた。

彼らはスラム・ヴィレッジのメンバー通して友人になり、前述のコンピ盤『Rewind!』の第二弾でボビー・コールドウェルの「Open your Eyes」をカヴァーを制作するときから活動を開始している。また同コンピ盤の第四弾では、バート・バカラックの「The Look of Love」のハイテック・カヴァーを披露するなどして、リスナーやプロデューサーに驚きを与えた。彼らの特長は、ハウス、エレクトロ、ジャズ、ファンク、R&Bなどの要素(サンプル)がミックスされたハイブリッドなサウンドだ。ジャンルレスなDJカルチャーから生まれたこのスタイルは、Sa-Ra Creative PartnerやGBなど、注目を集める新世代アーティスト達にも共通していることだろう。

しかし、このPPPに関して言えば、そこにサディークの即興性あふれる楽器が加わることで、前述のアーティストたちにはないダイナミックなプレイヤビリティが備わっており、その部分こそが彼らの最大の魅力ともなっている。

現在、水面下ではさまざまな新しい音楽が生まれてきているが、彼らはその急先鋒にいる存在であろう。ジャネイロ・ジャレルや彼らのようなアーティストがいる限り、音楽シーンはまだまだ面白くなるだろう。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報