ザック・ワイルド、V・ポールの故郷で悲劇以後初の共演

twitterツイート
先週末にテキサス州ダラスで行われたザック・ワイルド率いるブラック・レーベル・ソサイアティのコンサートに、元パンテラ/ダメージプランのドラマー、ヴィニー・ポールが出演した。昨年12月の悲劇(https://www.barks.jp/news/?id=1000004252)以後に、彼が“故郷のダラス”のステージに立つのは初めて。ザック・ワイルドのオフィシャル・サイトが伝えたところによれば、オーディエンスは熱狂し、「ダイムバッグ!」のコールが数分間止まなかったという。バンドは「Suicide Messiah」をパフォーマンスした。同サイトはまた、笑顔でドラムを叩くヴィニーは素晴らしかったと伝えている。

ザック・ワイルド(BLS)は現在、米国ツアー中。4月26日はサウスダコタ州スーフォールズでコンサートが行われる。最新作『マフィア』が'05年3月24日に発売された(ビクターエンタテインメント)。

■ザック・ワイルド<ジャパン・ツアー>日程:

5月14日(土)愛知・名古屋クラブクアトロ
5月15日(日)大阪・心斎橋クラブクアトロ
5月17日(火)東京・渋谷クラブクアトロ
5月18日(水)東京・渋谷クラブクアトロ

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報