小谷美紗子、愛と希望を歌う

ツイート
4月13日にニュー・アルバム『adore』(アドア)をリリースした小谷美紗子。口語で「愛している」、文語で「崇拝する」という意味をもつ今作では、「今までより自由に、かつ鋭利に、自分の音楽を突き詰めていきたい!」という意志のもとに、これまでの作品では使うことのなかった“ありがとう”や“光”など、穏やかな歌詞で強い想いを表現している。

19歳でデビューしてから今年で9年。シンガー・ソングライターとしての成長だけでなく、大人の女性としての懐の深い魅力を身につけた彼女が、盟友の山口寛雄(B/100s)、玉田豊夢(Dr/100s)、田渕ひさ子(G/bloodthirsty butchers)らとともに作り上げた渾身の一枚だ。愛と希望に満ちたこの魂の叫びは、ぜひ生でも聴いていただきたい。


<インストアLIVE>
■5/8 (日)新宿タワーレコード  / 14:00START
■5/21(土)銀座山野楽器本店 / 16:00 STRAT
※入場無料

<TOUR “adore”>
■6/2(木)名古屋CLUB QUATTRO
■6/4(土)大阪SUN HALL
■6/5(日)福岡SUPPER CLUB太宰
■6/12(日)東京STB 139スイートベイジル
この記事をツイート

この記事の関連情報