ジャズ、R&B、HIP HOP、ボッサ、ラテン、ハワイアンなどを、アコースティック編成でコンテンポラリーなミクスチャーを試みるクラブ・ジャズ・バンド、EKremix(イーケイ・リミックス)。彼らのデビューアルバム『Karmic Observation』(カーミック・オブザベイション)が5/25に発売された。

EKremixとは、神谷えり(Vo)、奥山勝(Pf, Key)、伊藤寛康(B, Vo)、藤井摂(Dr, Vo)からなる4人組。メンバーいずれもジャズ、ラテン・プレイヤーとして経験豊富。神谷えりは、Skoop On SomebodyやFU-TENなどにゲスト参加しているほか、自信でもシンガーとしてデビューしているヴォーカリスト。奥山勝は、サルサバンドに在籍し過去3回にわたり全米ツアーを経験、様々なミュージシャンとセッションを行なってきたピアニスト。伊藤寛康は、オルケスタ・デ・ラ・ルスに在籍し、様々なミュージシャンのサポートプレイヤーのほか、楽曲提供をしてきたベーシスト。そして藤井摂は、ミュージカルグループに参加し世界中を廻り、ラテン、J-POP、ドラマ、CM、映画音楽など様々なスタイルのセッション、レコーディングで活躍するドラマーと、いずれも百戦錬磨のミュージシャンが集まったバンドなのだ。

このバンドのデビューアルバム『Karmic Observation』を強力にお薦めするのが、タレントの渡辺満里奈。神谷えりとは旧知の仲だそうだが、特にこのアルバムはお気に入りのよう。その証拠に、神谷えりとこのアルバムについて語ったビデオ映像が到着! ぜひチェックして、EKremixのよさを確認してみて!

■『Karmic Observation』~渡辺満里奈&神谷えりトーク
https://www.barks.jp/watch/?id=1000004763