ブルーのリー、“第2のロビー・ウィリアムス”に?

ツイート
グループとしての活動を休止するブルーだが、リー・ライアンに休む時間はないようだ。ソロ・アーティストとして50万ポンド(約1億円)でソニーBMGと契約を交わしたことが明らかになった。夏には1stシングルを発売するという。

『Daily Mirror』紙の報道によると、リーは多数のレーベルが名乗り上げた中、ソニーBMGグループ内のブライトサイド・レコーズと契約、7月にシングルをリリースする予定だという。関係者は「リーは第2のロビー・ウィリアムスとなるだろう。簡単なことだ。すでにソニーBMGの中で最も優先すべきアーティストとなっている」と話している。

ブルーは、来月13日からお別れツアーとなる<Best Of Blue>ツアーをヨーロッパ/UKで行なう。このツアーは元々、3月に行なわれる予定だったが、リーが喉を痛めたため延期されていた。ロンドンでは7月7日から3夜連続、ウェンブリー・アリーナでパフォーマンスする。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報