ゆらゆら復活! 坂本慎太郎が最新作『Sweet Spot』を語る!!

ツイート
new ALBUM
『Sweet Spot』
2005年5月18日発売
Sony Music Associated Records
AICL1617 \2,854(税込)

1.2005年世界旅行
2.ザ・コミュニケーション
3.ロボットでした
4.急所
5.タコ物語
6.はて人間は?
7.貫通前
8.スイートスポット
9.ソフトに死んでいる
10.宇宙人の引越し

▼このCDを買うなら

PRESENT
クール&エキセントリック! ゆらゆら帝国の世界観が満載した最新アルバム『Sweet Spot』。待ちに待ってたファンも多いハズ。この最新作の発売を記念して、“ゆらゆら帝国非売品Tシャツ”をプレゼント!

画像をクリックして、
チェック!(応募締切:2005年6月30日)

──2年3ヶ月ぶりの新作『Sweet Spot』がついに完成しましたね。

坂本慎太郎(以下、坂本): 今回は音数を少なく、歌詞、曲、構成もムダがないものでありながらも、イメージが膨らむようなものを作ったつもりです。

──これまでと本作、音作りで何か変化させたことはありますか?


坂本: 目指す感じは以前と変わってないんですけど。今回は割とドラムをメインにして、リズムを強調したという感じはありましたね。

──アルバム全体には何かストーリー、テーマ性というのはあるんでしょうか?

坂本: 意識しているつもりはなかったんですけど。完成したものを聴いてみると、統一感のあるものだな、と思った。作っているときは全体像とか考えていなかったんですけどね。

──具体的にどんなストーリーを坂本さんは読み取ったのでしょう?

坂本: 何となく、根底にあるのは人間と人間のかかわり合い方がテーマとしてある気がするんです。それがシリアス過ぎず、くだらな過ぎず、どっちにもふれない感じで、できたんじゃないのかなと。

──確かに、歌詞からはゆらゆら帝国の社会に対するメッセージが聴き取れるような。

坂本: 普通に生活しているなかで、歌詞は作られていくものですからね。自然とそういうもの(社会的なメッセージ)が歌詞に出てくるものだと思うんです。でも、それをただ歌にするんじゃなくて、今まで自分たちがやってきた感じのなかで、何かこう、自分なりの方法で曲にしたいな、という思いはありますね。

──では、本作では自身の今の思いをすべて込めることはできたのでしょうか?

坂本: 自分の思いを表現、というのとはちょっと違うかもしれないですけど。本作は今までやってきたことの集大成的なことを表現するのに成功している気がするんです。

──そのなかで「2005年世界旅行」という7分にわたる大曲を冒頭に収録したのはなぜでしょう?

坂本: この曲は、メンバー全員が気に入っていたのと、こういう感じで始まるのも今までなかったので。いいかなと。

──確かに、これまではエモーショナルなロック・チューンでアルバムの幕開けを飾っていたから、このサイケデリックでエキセントリックな曲からスタートするのは新鮮です。

坂本: そうですね。曲も一見さらっとしているようでいて、そうでない感じもあって、いい感じになっているのかなと。

──では、この曲が完成して、アルバムの全体像が見えてきた、って感じなのでしょうか?


坂本: いや。これは最後にできた曲なんですよ。2、3曲目が割と最初のほうにに完成したもので。なので、このアルバムの最初の3曲くらいが、今回のアルバムを象徴するのかな、と僕は思っているんですけど。


★インタヴュー後半へ>>>GO!
この記事をツイート

この記事の関連情報