ベック、W・ストライプスみたいに早く出せ!?

twitterツイート
オアシスのノエル・ギャラガーの発言に“アルバムを作ったら、出来るだけ早く出せ”とあったが、今年('05年)3月に新作『Guero』をリリースしたベックも、この意見に賛成しているようだ。IOLが伝えたところによれば、ベックはホワイト・ストライプスの手法を絶賛している。

「ホワイト・ストライプスが新作を10日ほどでレコーディングしたことはすばらしいと思う。しかも、ジャック・ホワイトは“シングルを次の週に発表する”と話している」とベック。リリースに関しては数ヶ月を要することが希でないが、彼はアルバムの完成からファンの耳に届くまでの時間を短縮し、なるべく早く作品を送り出したいと考えている。

ベックは今年の夏、苗場で開催される大フェスティヴァル“FUJI ROCK FESTIVAL 05”に出演するため来日を果たす。また、ローリング・ストーンズの北米ツアーのオープニングアクトに決まった。

一方、ホワイト・ストライプスの待望のニューアルバム『Get Behind Me Satan』(日本盤)が明後日(6/1)にリリースされる。1stシングルは「Blue Orchid」。バンドは現在、中南米ツアー中。6月1日はブラジルのマナウスでコンサートが行われる予定だ。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報