ダークネスのジャスティン「音楽よりダーツが大事」?

ツイート
このところ、ダーツにはまっているダークネスのジャスティン・ホーキンス。世界チャンピオンから教えを受けた彼は「ダーツが俺の人生になってきた」と話している。

ホーキンスは『The Sun』紙にこう話している。「ダーツのテレビ番組をやるようになって、フィル(ダーツの世界チャンピオン、フィル・テイラー)の家に夕飯に招待されたんだ。意気投合しちゃってさ、特別にレッスンを受けたんだよ。彼が世界チャンピオンになったときのダーツまでくれたんだぜ」

今度はテイラーを自分の家に招く番だが、それはちょっと恥ずかしいのだそうだ。「心配なんだよ。家にダーツ・ルームがあるんだけど、彼の等身大のポスターが貼ってあって、彼にもらったダーツが壁に飾られてるんだ。彼はきっと、俺ってちょっとおかしいんじゃないかって思うだろうよ」

ホーキンスは「ダーツはいま、俺の人生になった。もしかしたら音楽以上かもしれない」と話している。

ダークネスは、ベーシストのフランキー・ポーレインが脱退したばかり。バンドの元で働いているギター技術者を後任に迎えたとの報道もあったが、メンバーは「彼は候補の1人であって、正式に決定したわけじゃない」とコメントしている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報