カイリーの代役、ベースメント・ジャックスに決定

twitterツイート
ベースメント・ジャックスが、カイリー・ミノーグに代わりグラストンベリー・フェスティヴァル最終日のヘッドラインを務めることが決定した。キラーズが辞退したり、キュアーが頼まれなかったと不機嫌になるなど、代役を見つけるのは大変だったようだ。主催者のマイケル・イーヴィスは、XFMにこう話している。

「最終日のヘッドラインが務まるんじゃないかと思える3つのバンドに頼んでみたけど、いろんな理由で断られた。彼らを責めることはできない。カイリーのスロットだからね。多分、それなら何で最初から自分たちに頼まないのかって思ったんじゃないかな(笑)」

またイーヴィスは、彼のお気に入りバンドの1つであるプライマル・スクリームが、新たにラインナップに加わったとも発表した。プライマルは、最終日(6月26日)ピラミッド・ステージでベースメント・ジャックスの1つ前にプレイするという。イーヴィスは「彼らは僕の大好きなバンドだからね。ちょっと、自分の好きなようにさせてもらったって感じかな」

グラストンベリー・フェスティヴァルは、6月24日より3日間開催。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報