Organic Grooveに、あのバンドが出演!

ツイート
アンチバラス・アフロビート・オーケストラやKARAOKE KALKクルーなど、マニアックかつ良質なアーティストが出演することで、多くのファンを持つパーティ<オーガニック・グルーヴ>。毎度、ヘッドライナーが楽しみなこのパーティが、またしてもやってくれた。

なんと今回のゲストはMeat Beat Manifesto(以下、MBM)! 実際、BARKS読者には、あまりなじみの薄い名前かも知れないが、彼らは80年代後半より活動しているエレクトロニック・ミュージックとバンド・サウンドをミックスした最初期のバンドだ。「ヘッド・ライク・ア・ホール」などをリリースしていた初期ナイン・インチ・ネイルズにも多大な影響を与えている。プロディジー、ケミカルブラザーズなどといったグループは、このバンドなくしては存在していなかった確率すらある。また、映画『マトリクス』のサントラにも参加しており、地獄のような電子音でマトリクス独自の世界観を音で演出したりもしている。

そんな彼らは、2005年4月に待望のニューアルバム『Drums of Death』をリリースした。このアルバムは、DJ Spooky、スレイヤーのドラマーDave Lombardo、パブリック・エネミーのChuck Dなど相当危険なメンツが参加した恐ろしい作品。約6年ぶりとなる今回のツアーでは、全米20ヶ所でライヴを行ない、そのラストとして日本の地を踏むこととなる。迎え撃つ日本勢からは、先日東京のアンダーグラウンドの空気感をパッケージングしたDVD『KAIKOO-邂逅-』をリリースしたDJ BAKU。今回のオーガニック・グルーヴは、かつてないほど危険な一夜になることは間違いなさそうだ。

PHATLEAF presents Organic Groove
~Evolution In The Alternation of Generations~
Meat Beat Manifesto

7月22日(金)代官山UNIT
7月24日(日)大阪NOON
この記事をツイート

この記事の関連情報