Salyu、1stアルバム・リリース記念インタビュー

ツイート

Salyu Photo03──アルバム中ではsalyuさんも詞を書かれました?

Salyu:ほんのちょっとだけ書きました。書きましたっていうか、1曲目で“ここをちょっと変えていいですか?”っていうところがあったり。「Dialogue」と「体温」では共作してます。

──共作というと、プロデューサーとやりとりをしながら作っていく?

Salyu:そうですね。「体温」はモロにやりとりで、もともと私が書いた文章を武史さんが見てくれて、そこから曲ができていったんです。その文章を分かりやすく並べ替えたり、言葉を付け加えたりしながら。そういう感じです。

──「ウエエ」という曲は、物語のような曲ですね。

Salyu:これは寓話です。皮肉ってますね。こういう女がいちゃいけないね、っていう歌です(笑)。本当に、いろんな曲がアルバムのように散らばってると思うんですね。小林武史さんに会って、“Salyu”っていうミュージックネームを付けてもらって、それから本当にいろんなことを学んできて。その6年間の中でどんな音楽をしてきたかっていうのも入ってるし、やっと“Salyu”っていうソロのヴォーカリストとしてこれから歌っていくよっていう、そろそろ始めますっていうひとつのスタートラインのような気持ちもありますし。

──そういうアルバム自体が、ひとつのlandmarkでもあるんでしょうか。

Salyu:アルバム自体はね、landmarkじゃないと思う。landmarkっていうのはですね…、私自身も命名したプロデューサー自身も、音楽っていうことのアイデンティティはどこにあるか?音楽って一体なんだろう?って、自分たちの根っこの所まで掘り下げてみると、それはlandmarkってものなのかもしれない。でも、いろんなことが世の中にはあって、どれが本当のlandmarkなのかわかんないし、landmarkって権力なのかとか、誰が一番なのかとか全然わかんないし。でもだからこそ、landmarkって言葉をあえて提示したんだと思うんです。

──歌い手として、“こういうものを表現したい”というのはありますか?

Salyu Photo04Salyu:ヴォーカルの素晴らしさを伝えたいですね。ヴォーカル、歌を。いちばん何がしたいかって言ったら、それなんですね。それは、聴いて“うん、わかった!”っていうものじゃないと思うんですけど…、すごく歌が好きになってくれたらうれしいな。

──Salyuさんが感じた歌の素晴らしさっていうと?

Salyu:あのー、具体的な歌詞によるメッセージだけではないと思うんですね。もちろん音楽には言葉もメッセージもあるけれども、今は“響きによる共感”っていうのかな。それをもっと頑張っていいと思う。一瞬“…あ”って感じるような。楽器の音を聴く時の楽しみ方に似てるけど、声って、もっと人の体に共鳴すると思うから。それをすごく願ってる。将来は言葉を伝えられるようになりたいなと思いますね。メッセージとか歌詞、言葉。なんでもいいんですけど。

──6月17日は渋谷QUATTROでワンマン・ライブもあり、夏は各地のフェスに出演されますね。

Salyu:みなさんに楽しんでもらえるようなステージにしたいですし、ワンマンとフェスでは演奏する時間は違いますが、同じだけの楽しいステージをやりますので!でも、夏は…いつもバテてますね。だから、体力をつけて頑張ろうと思います。

──最後に、その声をキープする秘訣を教えてください。

Salyu:好きなものを食べて、我慢をしない(笑)。それがいちばん声にいいと思います。それと、元気でいることですね。

取材・文●梶原有紀子



この記事をツイート

この記事の関連情報