ジョージ・クリントン、アルバムの権利を取り戻す

ツイート
ジョージ・クリントンがファンカデリック名義の自作のアルバム4作品の権利を長年に亘る裁判の末に取り戻したと、AllHipHop.comが報じている。

ジョージ・クリントンは彼自らがプロデュースしたファンカデリックの4枚のアルバム『Hardcore Jollies』、『One Nation Under A Groove』、『Uncle Jam Wants You』、『The Electric Spanking of War Babies』の権利を騙し取られたとして、15年間に亘って裁判にて争っていた。裁判官はジョージ・クリントンの元従業員、弁護士、マネージャーが共謀して書類の偽造などを行ない、アルバムの権利を不法に奪い取ったとして、ジョージ・クリントン側の訴えを認め、5枚のアルバムの権利が彼に戻ることになった。

なお、これら4枚のアルバムはファンカデリックの代表作でもあり、今でも数多くのヒップホップ・アーティストがサンプリングなどに使用し、その楽曲使用料は膨大な金額になる。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報