ローリン・ヒル、アトランタでのライヴに非難の声

ツイート
アトランタで行なわれた『Vibe Music Fest』に出演したローリン・ヒルのバックステージでのわがままな振る舞いとステージの内容に対して、非難の声が上がっていると、SOHH.comが報じている。

情報筋によると、『Vibe Music Fest』の会場となったジョージア・ドームへローリン・ヒルが到着する前に、バックステージを速やかに片付け、全ての人々に対してその場から退去するように、ローリン・ヒルの側近が要求。また、どうしてもバックステージから立ち去ることの出来ない人に対しては、到着したローリン・ヒルを絶対に見てはならず、壁に向かって立っているように命じたという。そして、実際にローリン・ヒルが到着した際に、バックステージにいた人々はローリン・ヒル側の要求通りに従ったという。

その後、ローリン・ヒルはステージでライヴを行なったが、その内容は精彩を欠いたもので、4~5曲を披露した後にローリン・ヒルは自らステージを降りた。予定よりも早くステージを終えたローリン・ヒルに対して、観客からの不満の声が上がったという。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報