アップル、Podcastをサポートした新iTunes 4.9を公開

ツイート
アップルコンピュータは、インターネットを介した新しいコンテンツ配信形式「Podcast」に正式対応したiTunesの新バージョンをリリースした。

新しいiTunesのバージョンは4.9。現在はiTunes公式ページにて、MacOS版が無料でダウンロードできる(Windows版のリリースは近日予定)。

Podcastは、RSSを使って画像・音声の情報を発信し、iTunesで任意のサイトのコンテンツをダウンロードし、それをiPodに転送して楽しむことができる。通常のラジオ放送では、ラジオを使って電波を受信して放送を楽しむが、Podcastはラジオの代わりにiTunesで受信してiPodで再生するもの、と考えれば分かりやすいだろう。

Podcastをサービスとして行っているサイトは海外では数千もあり、中にはBBCやABC、ディズニー、NewsWeek、ESPNなど著名な企業もある。

日本国内でも新しいiTunesを導入すればPodcastサービスを利用できるが、たとえば現在放送中の楽曲データをiTunes Music Storeで購入できるサービスなど、日本国内では一部利用できないものもありそうだ。

現在、実に3000ものPodcast局があるが、iTunes 4.9ではこうした局を検索したり、お気に入りに登録するなど「管理」できる機能も用意されている。気軽にラジオを楽しむような感覚でPodcastを楽しめる、それがiTunes 4.9なのだ。

問い合わせ先:アップルコンピュータ
http://www.apple.com/jp/
iTunesのダウンロードページはこちら
この記事をツイート

この記事の関連情報