MCU、ミュージシャンから芸人まで多彩なゲストで飾った1日だけのライヴショウ!

ツイート
6/23、東京・渋谷公会堂でMCUがたった1日だけの“特別な”ライヴを行なった。どこが特別かって? それはもうこのライヴがこの上なく豪華で、派手で、ハッピーな、「夏フェスですか?」ってくらいなお祭りだったから。

▲安田大サーカスと猫ひろしも参加!
このライヴ直前にリリースされたアルバム『A Peacetime MCU』は(オープニングは除く)収録曲15曲すべてにフィーチャリング・ゲストを迎え、音楽を純粋に楽しみ、そのゲストに対するリスペクトをも素直に表現した作品だった。そしてライヴではアルバムのゲストがほとんど出るという告知を見て「贅沢なライヴだなぁ」と思ったけれど、実際のステージは思っていた以上。それに“ここまでゲストが集まって贅沢にできるならば、うんと派手にぶちまけましょうよ!”といった雰囲気プンプン、楽しいアイデアは全部詰め込んじゃおうという発想で、最初から最後までお楽しみいっぱいな内容だったのだ。

まずオープニング「U'S PROFILE」ではMCU自らギターを持ち、ギャンギャンに弾きまくり。ステージのどん帳代わりにスクリーンが張られ、MCUが大映しだ。続く「クレイジービーンズ」ではジェット機がフィーチャリングで、宮田和弥(Vo)が会場に降りて歌う一幕も。そしてRATHER UNIQUEと川上次郎がフィーチャリングの「ACT ON MY STYLE」ではMCUもロボット・ダンスを披露!(すでにお腹いっぱいな内容でしょう?)

▲ケツメイシのRyojiと「いいわけ」熱唱
続いてアルファのWADAとTSUBOIでそれぞれ「マイクチェック1」「~2」。これはちょっぴりマジモードでライムするMCU(ちなみにDJはキックでもお馴染のDJ SHUHO)。だけど、そんな緊張感を一気に吹き飛ばしたのが、直後に登場した猫ひろしと安田大サーカス! 思わぬゲストの登場と両者のベッタベタなギャグに、観客は大盛り上がり。

そして中盤のピーク、「いいわけ」でケツメイシのRyojiが登場。切なくも男臭いナンバーをMCUと2人しっかり聴かせ、ZIGGYの森重樹一と「NO DESTINATION」を歌うときにはSHUHOと一緒に豹柄のコートを羽織り、グラマラス・ロッカーに変身! THEATRE BROOKの佐藤タイジはカーペンターズの名曲「Close to you」を歪みまくりのギターで鳴らすと「ビカビカ」をMCUと熱唱。

終盤では、MCUのコラボ歴の第一弾兄貴、浜崎貴司と「サーフライダー」を披露。昨年リリースした曲だけど、色褪せない夏の定番ソングとして定着しそうな予感。そして、ラストには彼の後輩、CHABAが子供たち数十人を引き連れて登場「影踏み」をハッピーにピースに披露すると、最後MCUが女の子をひとり、肩に担いでステージに背を向ける。そう、『A Peacetime MCU』のジャケット写真と同じポーズをとり、本編終了した。

▲浜田貴司との新ユニット“マツリルカ”
アンコールでは、浜崎貴司とユニット名をつけた“マツリルカ”の曲を2曲披露(マツリルカは7/20にシングルリリースする)。そして、宮沢和史と「ありがとう」を、大ラスにはゲスト全員がステージに登場し、フライング・キッズの代表曲「幸せであるように」で幕を閉じた。

とにかく耳はもちろん、見た目にも飽きさせない内容。イベントやライヴで“今日は特別にゲストが来ています!”とか言って盛り上がる箇所があるけれど、まさにこの日はそれで全部できていた。そして、そのゲストが大物だろうとなんだろうと1曲ずつ(浜崎貴司、マツリルカは2曲ずつ)。その潔さもよかった。まったく渋谷公会堂でなくて、もっと大きな会場でこの空気を分け合ってもいいのに、と思ってしまったライヴだった。
この記事をツイート

この記事の関連情報