ピンク・フロイドは、1億ポンド(約200億円)でUSAツアーを行なわないかとのオファーを即座に断ったという。フロントマンのデイヴィッド・ギルモアは「(この再結成により)金儲けをするつもりはない」と話している。

『The Sun』紙によると、ギルモアはこう語ったという。「1億5,000万ドルでアメリカ・ツアーを行なわないかってオファーがあったよ。馬鹿げてる。やるつもりはない。このアイディアは<ライヴ8>だけの1回きりのものだ」

彼は、さらに以下のような声明を発表している。「このコンサートから利益を得るつもりはない。もし今週、G8のリーダー達が正しい選択をしてくれるのなら、主要目的は達せられたことになる。そしてもし、他のアーティストたちが印税の一部をチャリティに寄付したいと考え始めるなら、もしかするとレコード会社も同じような行動を起こさざるを得ないかもしれない。そうなったら、それは予期せぬ“オマケ”ってわけだ」

ギルモアは「この金は、命を救うために使われなければいけない」と主張した。

Ako Suzuki, London