MAX、約1年ぶりシングル「ニライカナイ」、沖縄の伝統楽器とユーロビートを融合!

twitterツイート






──1年ぶりの新曲となるわけですが、“新しいMAX”を強く感じました。

Nana:あー、うれしいですね。そこが一番気になるところというか、いつも新しいことをやっていたい、という気持ちがあるので。

Reina:“昔に戻った”って言われるよりも、“前に進んでる”って思われた方がいいじゃないですか? だから“新しさ”を感じてもらえるのが一番うれしいんですよ。

Lina:新しい曲を早く出したい、っていう気持ちもあったんですけど、“もっといいものがあるんじゃないか?”って思ってるうちにいつのまにか1年経っちゃって。

Nana:以前はしっかりペースを決めて、何ヶ月かに1枚は必ず出すっていう感じだったんですけど、今は“メンバー全員が納得できるものを、時間をかけて作っていこう”って思ってるので。

──“沖縄の伝統音楽とユーロビートの融合”というコンセプトは、どういう経緯で生まれたんですか?

Reina:最初はスタッフの方から“10周年ってこともあるし、原点回帰という意味でユーロビートをやってみないか?”っていう話があったんです。で、最初は“ユーロビートか。うーん”って感じだったんですけど……。

──やり尽くした感があった?

Lina:大切な宝物って感じなんですよ、ユーロビートって。

Reina:そうそう。で、“ユーロビートをやるんだったら、しっかり曲選びから参加したい”ってことになって。最初はなかなかピンとくる曲がなかったんですよ。イケイケだったり熱すぎたり、“今のMAXには合わないな”ってものが多くて。で、最後の最後に出てきたのが、今回の曲だったんです。

Nana:初めて聴いたときから、すごくいいなって。メンバー全員が同じ気持ちでした。

Lina:最後の切り札って感じですよね(笑)。

Reina:この曲だったら、いまのMAXでやる意味があるなって思いましたね。

Aki:すごく新鮮な印象を受けましたね。確かにユーロビートなんだけど、まったく違ったイメージがあって。

Nana:私たちの代表曲と言われてるもの──「TORA TORA TORA」とか「GET MY LOVE!」──とは違うタイプの曲じゃないとダメだと思ってたんですよ。この曲に関しては私たち自身がすごく新鮮だったから、聴いてくれる人も同じように感じてくれるんじゃないかなって。沖縄のテイストが入ったユーロビートって、今までやったことがないし。


「ニライカナイ」

avex trax
AVCD-16070 ¥1,200(tax in)

1. ニライカナイ
2. Someday
3. TORA TORA TORA 2005
4. ニライカナイ(Instrumental)
5. Someday(Instrumental)
6. TORA TORA TORA 2005(Instrumental)

ビデオ・メッセージはこちら

●2005/7/10(日)握手会 沖縄・OPA
●2005/7/16(土)トーク&ライブ&握手会 横浜・ランドマークプラザ
●2005/7/17(日)握手会 大阪・阪急三番街
詳細はオフィシャル・サイトまで!


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報