ビヨンセの「Baby Boy」が歌詞盗用の疑い?

twitterツイート
ビヨンセのヒット・シングル「Baby Boy」が著作権侵害にあたるとして、ミネアポリスのシンガー・ソングライターが訴えたと、MTV.comが報じている。

ミネアポリスのシンガー・ソングライター、Jennifer Armourが7月12日にヒューストンの裁判所へ提出した訴状によると、彼女自身の「Got a Little Bit for You」という曲の歌詞とフック(サビ)がビヨンセの「Baby Boy」に無断で流用されており、著作権侵害にあたると主張しているという。ビヨンセ側の声明などは発表されていないが、10月28日に著作権侵害に関する公聴会が行なわれるという。

なお、「Baby Boy」はビヨンセの大ヒット・アルバム『Dangerous in Love』に収録されており、ビルボードのシングル・チャート、ホット100の第1位にも輝いている。

K.Omae, LA
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報